戯曲を読む会
戯曲を読む会のお知らせや近況報告のためのブログです。2013年9月で活動を休止しています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月の戯曲を読む会終了!
ソンブレロです。
2月21日火曜日に開催しました戯曲を読む会のご報告を致します。

真冬の寒さの中、初参加(女性)一名を含む総勢9名の方々がご参加くださいました。
読んだ本は以下の3作品です。

・山田太一作 テレビドラマ「思い出づくり」より一部抜粋

・井上ひさし 短編コント「私は誰でしょう」

・ウィリーラッセル作「リタの教育」

最初の山田太一さんのドラマシナリオは、私ソンブレロが持参しました。
この「思い出づくり」は、80年代の山田さんのドラマ作品である「ふぞろいの林檎たち」、「早春スケッチブック」、「真夜中の匂い」と続いた中のひとつです。

山田さんのドラマはどれも素晴らしいのですが、個人的な好みですが、特にこの時期が最高でした。
この「思い出づくり」の中の、加藤健一さん扮する馬力のある田舎の青年と、森昌子さん扮する下町のお姉さんとの二人の会話部分を切り抜いて読みました。
しかもこの二人の会話に、僕が勝手にセリフを付け加えて、更にセリフ中には○○○部分を設定してそこは役者さんにアドリブで読んでもらいました。

参加者全員に読んでもらいました。
みなさんおもしろいセリフを思いついてくれて聞いていて感心しました。
勝手にシナリオをいじってしまってしまったことをこの場を借りてお詫び申し上げます。
<(_ _)>


井上ひさしさん作のコント、「私は誰でしょう」は井上ひさしさんがてんぷくトリオのために書かれたコントのひとつです。

昭和40年代に書かれたものかと思いますが、いま映像で見ても古さは感じないのではないでしょうか。

井上さんだけに、ズッコケコントではない戯曲のような作品です。

自分の名前を思い出せない男(記憶喪失者?)が困っているのを二人の男が記憶を取り戻せるように手助けするという話です。
ト書きの解釈について議論したり、テンポに気をつけたりしながら読みました。

「リタの教育」は、私事ですが、読んでみたいと思っていた作品でしたので、今回偶然にも持参してくださった方がいてとってもタイムリーでした。

聞いた話ですが、この本のストーリーは、リタという26歳の美容師が、今までの自分とは違った生き方をしてみたいと思い立って大学の通信生となり、仕事をしながらイギリス文学を学ぶ学生となります。

その後出会った指導教官は、酔いどれで離婚歴のあるだらしのない教官です。

この2人の会話の面白さ、主人公リタの成長ぶり、その後の2人の関係の変化など展開はとても面白いらしいです。
DVD化されているらしいのでぜひ見たいと思います。

全編で2時間くらいあるかと思います。今日はその一部分を抜粋して読みました。

以上、いつもながらあっという間に終了時間になってしまうかんじの楽しい時間を過ごせました。
さて次回は、3月13日火曜です。
はじめての方も大歓迎です。

どうぞお気軽にご参加くださいませ。
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

12月の戯曲を読む会終了!
ソンブレロです。
昨日の読む会、参加人数は13

初参加は2名でした

戯曲は以下の4作を読みました。

「和風どらま」Dさん作、ソンブレロ持参の既成の脚本、
「輪舞」Sさん持参(160年前のオーストリアの作品。
「クリスマス」Iさん作の二人芝居。
今回はどの作品も解釈の時間をわりと詰めて読む時間を多めにしてみました

その後の飲み会は参加率100%でした
居酒屋ではNさんが初めて書いたという台本を読みました。
ちなみにNさんは今日は金沢で仕事してて羽田から目黒に駆け付けたという本当に熱心な参加者です

今年最後の読む会、のせいかいろいろな話に花が咲き、盛り上がり、終電ギリギリやっとのことで帰って来ました

新年1回目の戯曲を読む会は1月27日(木)です。
18時半から、いつもの目黒区民センター 社会教育館です。
木曜ですのでご注意!!
皆様のご参加お待ちしてます!

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

9月の戯曲を読む会終了!
28日に今月の戯曲を読む会、無事に終了しましたー!
お集まりいただいた10名の皆様、ありがとうございました。
最近、大人数の会が続いていたので、とても少ない気がしましたが、去年くらいはこれくらいの人数が普通だったんだよね

今回は、すっごい久しぶりにわたしも作品を書いて持って行きましたヨ(原作あるやつだけど)
産休入る前に書いた作品としては最後になるかも?!
わたしが書いた川端康成原作の短編と、T田さんのテーマに沿った鳥についての面白い戯曲と、ソンブレロさんの岸田邦夫オマージュな短編戯曲を皆で声に出して読みました

人数少ない分、何度も読む順番が回ってきて役者さんたちには良かったように思います
共同主宰のNさんが欠席だったので、わたしはとても心もとなかったですが、皆様のご協力のおかげで無事に楽しく終了することが出来ました
ありがとうございました☆

次回は、10月28日(木)です。
木曜ですので、ご注意を!!
場所はいつもの目黒区民センターで、18時半から21時までです。
是非、読みたい本を片手に、皆様のご参加お待ちしています

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

参加者の方のブログ。
4月29日の会にご参加いただいたKさんが、ご自分のブログにこの会のことを書いてくださいました
とても嬉しいです。
こちらからご覧いただけます。↓
Kさんのブログ この喧嘩、誰に売る?!

次回、5月27日も皆さんのご参加お待ちしています
9月の戯曲を読む会終了!
30日に無事、今月の戯曲を読む会が終了しました
お越し頂いた14名の皆様、ありがとうございました!
今回は初参加の劇団主催者Oさん、が新しい旋風を吹かせてくれましたね。
若さあふれるエネルギッシュな作品を持ってきてくださったので、
平均年齢がグングン上がるこの会が一気に若い雰囲気になりました

他にも常連Dさんの作品、T田さんの作品を皆で声に出していろんな読み方をしました。
飲み会から参加のもりりんさんも加わり、皆でわいわい楽しかったですー

来月はの開催は、
10月20日(火)です。
いつもの目黒区センターです。
火曜ですので、お間違いなく!
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。