戯曲を読む会
戯曲を読む会のお知らせや近況報告のためのブログです。2013年9月で活動を休止しています。
200511<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200601
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次回のお知らせ
 次回の戯曲を読む会のお知らせ

日時:1月25日(水)18時半から21時まで

場所:目黒区民センター社会教育館第1研修室

会費:500円

それにともない以下の方々を募集します。

★戯曲を書く人(内容自由。400字詰原稿用紙10枚くらいの短編か、長編の一部。
新作でなく今まで書き貯めていたものも歓迎です。テーマがみつからない方のお題は「」。
登場人物は何人でも構いませんが、可能でしたら大人数が登場する
作品が嬉しいです。
登場人物の少ない作品を冷遇することはありませんが)
※但しごめんなさい、前回12/7読まれた方は今回は時間の関係で「読む」ことが出来ません。家で読んで貰う用に作品を持ってくることは構いませんが、その点ご了承下さい。
★シナリオ、詩、短歌等戯曲以外の作品を書く人(あまり長くないもの、シナリオに関しては上記と同程度人数が望ましいです)
★戯曲を声に出して読む人
★戯曲をどう舞台化するかお知恵や意見を出してくださるスタッフ
★それを楽しんで見て、聞いている人

(戯曲等テキストを書いて下さる方には、開催日2日前位に参加人数をお伝えします。
その分だけコピーしてきて下さい。コピー代は当日お支払いします)

いつも通り、肉練、稽古などはしません。だからジャージ不要。
当日配られた戯曲を、みんなで読み、それぞれの視点から話し合い、わいわいと講評しあう場です。

会場代とコピー代ということで参加費500円がかかります。会のあとはふつう飲み会になりますが、これは参加自由です。

別に資格はいりませんので、はじめて戯曲を書く、はじめてセリフを読む方でもまったく構いません。読み書きどっちもやりたい、というはのもありです。
どっちもやらないけれど感想は言う、というタイプの方もすごく欲しいです(ただし難しい言葉で周囲をケムに巻いて楽しむタイプの方は本気でお断りです)。
見ているだけ、聞いているだけ、というのもとても有り難い存在だと思います。
密かにスカウト目的という方も可。情報交換の場にもなりますよ。

読みたい本を持って来るも良し、
書いたものを持ってきてみても良し、
会社帰りにフラリと立ち寄るも良し、
お友達をお誘い合わせの上、お気軽にお越し下さい♪
スポンサーサイト
戯曲を読む会とは?
ご覧いただき、ありがとうございます!!

戯曲を読む会とは、東京都内の公民館で月2回、役者や脚本家、舞台スタッフなどが、その日集まった戯曲などの短編・長編の一部を声に出して読んで遊ぶ会です

これまで劇作家や役者、スタッフ以外にも映画監督、詩人、陶芸家…など多岐のジャンルの方々が参加してくれました
プロの方もいらっしゃいますし、演劇にまったく携わっていない方、学生の参加も多いです。

役者を探している人、脚本を探している人のスカウトの場にもなりますよ!
情報交換や自分の関わる公演などの宣伝にもご利用ください。

会費は1人500円です。(場所代とコピー代ってことで)

たいてい、会が終わった後は飲み会になりますもちろん自由参加です。

国籍・年齢・経験不問
です。
偏った批判をしたり、煙に巻くようなタイプのかたでなければ、どなたでもご参加いただけます。

お気軽にご参加くださいませ♪

詳しくはこちらもご覧ください
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。