戯曲を読む会
戯曲を読む会のお知らせや近況報告のためのブログです。2013年9月で活動を休止しています。
201010<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201012
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月の戯曲を読む会、終了しました
産休に入った青木の代わりに、今回からソンブレロさんがブログ記事を書いてくれることになりました
↓ ↓ ↓

ソンブレロです。
さて、ゆうべの会のご報告を以下致します。

参加メンバーは14名でした。

取扱い作品は、「電波塔からずっと」ソンブレロ、「フォーク 回想」O田さん作、「煕代勝覧」Nさん持参、「若様と若い人妻」Sさん持参。

ソンブレロの台本は女性2名による短編戯曲。
O田さんの本はジョセフコンラッドの小説を戯曲仕立てにした脚色作品。

Nさんの持参した作品(きだいしょうらんと読みます)は江戸絵巻の口上で、地下鉄三越前駅の構内に展示されているものらしいです。
それを抜粋?全文?を写してきてくれました。
分量は1枚っぺらのみ。

トザイ、ト~ザイ、ここに繰り広げたる絵巻は……という例の口調で読むかんじのものです。
ちなみに作者は不明。
今回のテーマが「和風」ということ持参してくれたとのことでした。

これはこの会にとっては異色な作品で、まず読みが分からなかったり意味もわ
からなかったりで携帯で調べながら読んだりしました。
Nさんは役者ではないのですが、この口上が読みたくて持ってきたとのことです。
すごく意欲的に参加してくれています。

Sさんのは何回かに分けて持ってきている作品の続きです。
男女のちょっと官能的?な会話劇です。

その後の飲み会は、Nさんが明日早朝から仕事ということで帰られました他は全員参加

初参加のSさんは平塚の劇団のベテラン役者さんです。
しっかりした下地をお持ちの役者さんという感じの方でした。
珍しく県央からの参加ですしこれからも参加して頂きたいと思いました。

同じく初参加のIさんは、英会話教室の講師というだけあって役者ではありませんが堂々と読まれていましたね。
初参加の人にスポットを当ててけっこう盛り上がったかなと思います。

あと、ボク的には青木さんが戻ってくるまでにこの盛り上がりを維持していたいのでみなさんどうかご協力お願いしますと訴えました。
「最低でも現状維持!」こればっかり言ってました。
いつもながらの楽しい宴でした。

そしてボクが帰り間際にトイレに行って戻ったらもう誰もいなくて、天狗前のエレベーターホールにもいないので、あれ帰っちゃったかと思っていたら、1階のエレベーターホールの物陰にみんな隠れていました。
いい大人たちがそんなイタズラ。。。。
でもそんなプチサプライズも楽しかったです。

そんなかんじの昨日の会でした。

来月は12月21日火曜です。
目黒区民センター 社会教育館 第6研修室です。

まだ参加したことない方もお気軽にどうぞ!
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

10月の戯曲を読む会終了
10月28日に10月の戯曲を読む会が終了しました。
ご参加いただいた10名の皆さんありがとうございました
今回はあたしはお腹の張りがおさまらず、残念ながら欠席…

主宰代行のソンブレロさんのお話ですと、
DさんMさんの、お題「鳥」に沿った短編戯曲とNさんが持って来てくれた福田恒在「とりかへばや1」を皆で読んだそうです

Dさんの作品は、前回のTさんの作品に対する答えと言うか繋がりを持たせたも
ので、Mさんの本は、かわいらしい作品だったらしい!
あ~あたしも読みたかったなあ!

初参加のNさんが終始ハッスルしていて面白かったとのこと
演劇経験はないとのことですが、人前で話すことが大好きという人らしい。
お会いしたかったなあ…
またのご参加心よりお待ちしています

来月の戯曲を読む会は2010年11月23日火曜です。
和室での開催ですのでお題は「和風」です
場所はいつもの目黒区民センターで、18時半から21時までです。
どんな作品が集まるか楽しみですね。
是非ご参加下さい。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。