戯曲を読む会
戯曲を読む会のお知らせや近況報告のためのブログです。2013年9月で活動を休止しています。
201107<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201109
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月の戯曲を読む会終了!
ソンブレロです。
8月の戯曲を読む会の報告をさせて頂きます。
ところで今日は昼間に関東地方を豪雨が襲い、東京は大雨洪水雷警報が出ていました。
僕はいつも戯曲を読む会の日は仕事を午後休んでいるのですが、雨がひどくて家に帰りつくのに通常の倍くらいの時間が掛かりました。
ちなみに約10キロの自転車通勤です。
雨足の強さもですが、道の所々に水たまりが出来てしまって、思うように進みませんでした。
帰り道を走りながら、こりゃ中止にした方がいいのかな。。。とも思いました。
でも雨も夕方には弱まってなんとか開催出来ました。

本日の参加者は、いつもより少なめの総勢8名でした。
読んだ本は、2本。
参加者数が少ない分、じっくりたっぷり読めました。
まず一本目はオリジナル作品。
SYさん作のタイトル「箱」。
Sさんワールドと言いますか、テーブルの上に置かれたひとつの箱をめぐって繰り広げられる5人の会話劇。
何度読んでも、なるほどそういうことなのか!という解釈には行きつかないであろうという掴みどころのない、しかしその会話自体がわけなく面白い作品。
とにかく説明がしにくい本なのですが個人的に僕好みの本でした。

二本目は、僕が持参した平田オリザ作、「バルカン動物園」。
読む会では初の(僕の知る限りですが)平田作品。
例の会話が重なる平田さんの戯曲に挑戦してみました。
いっぺんに複数の会話をするというのは、人の多い場所ではふつうにあることですが、それを読み合わせをするというのはなかなか神経が行きとどかないものみたいですね。
そのうち慣れてくるのでしょうけど、読んだ人は四苦八苦していました。
聞いてるだけの僕は楽しかったのですが。
わあ、青年団の読み合わせってこんなかんじだったのかな、とか聞きながら思いました。

会終了後は目黒駅前の居酒屋「天狗」へ。
今日は大雨警報のせいか、店内は週末にもかかわらず空いていました。
少なめの人数でしたので、いつもより少し濃いめの話が出来たような気がしました。
ちなみに今回も初参加の方(女性)が一人お見えになりました。

このブログをご覧のみなさま、どうぞ遠慮なくご参加くださればと思います。
次回は9月22日木曜日、目黒区民センター社会教育館です。
どうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

7月の戯曲を読む会終了!
ソンブレロです。
遅くなりましたが、7月の戯曲を読む会のご報告を致します。
先月の読む会は7月26日火曜日に目黒区民センター社会教育館にて行われました。
参加者は、総勢14名。
久しぶりに初参加の方(2名)がいらっしゃいました!

今回の作品のテーマは「手紙」ということで以下の3作品を読みました。
① 哀しい手紙  作:Dさん

② 悪人 作:S.Yさん

③ 父と暮らせば 作:井上ひさし


一つ目のDさんの作品。
出演者がスマートフォンや携帯電話など文明の利器たちが擬人化されている設定の四人芝居。
彼等がそれぞれの機能について自慢したり指摘したりしているのですが、手紙離れが進む現代では“手紙さん”の立場はとても微妙。。。と言うか哀しい。。。。
ラストはその手紙さんの立場をむしろ開き直るかたちで爆発させていました。
スマホくんの調子に乗りっぷりや、携帯くんのやや卑屈ぎみなかんじ、手紙さんのテンションンの高さなどなど、キャラ設定に忠実に読みました。

二つ目、悪人。
あの妻夫木くん主演の有名な映画の原作です。
原作は小説なのですが、そのラストの部分の男(妻夫木)と女(深津)の独白部分を読みました。
個人的には、いま人気のある人たちにちょっと意外な役を与えてみたというなかんじで、話題づくりがしやすい作品かな~という偏見がありました。
いや、でも実際原作を読んでみると、最後だけですが映画の方にも興味が湧いてくるものですね。
セリフと言うものは、声に出せば出すほど情が移るものなのでしょうかね。。。


三つ目、父と暮らせば
井上ひさしさんの有名な作品ですので、映画を見た方、舞台を見た方もいらっしゃいました。
広島の原爆投下で、父を残して一人だけ生き残った娘のうしろめたい気持を描いた、一言で言うと娘がトラウマを乗り越えていくドラマかなと思います。
すでに死んでいる父親と娘の会話。
その二人の会話を配役を変えて読みました。
今日は三作とも、原作に手を入れずに、本に忠実に読みました。
作品がしっかりしているだけに、それもまた読み手の役者の方々の力量が発揮されて良かったかなと思いました。

そしていつもの通り、会終了後は目黒駅前の居酒屋「天狗」へ。
いつもながら話題があっちへ行ったりこっちへ行ったりの楽しい会話で盛り上がりました。
新しい方も久しく来られていない方も大歓迎ですので次回はぜひ!

次回は8月19日金曜 目黒社会教育館 第一研修室です。
お待ちしています☆

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。