戯曲を読む会
戯曲を読む会のお知らせや近況報告のためのブログです。2013年9月で活動を休止しています。
201204<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201206
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月の戯曲を読む会終了!
ソンブレロです。

4月度の戯曲を読む会のご報告を致します。

開催日は4月19日木曜日でした。
9名の皆様にお集まり頂きました。

読んだ作品は以下の4本です。

真夜中の匂い 作:山田 太一

怪談 銀の骨鞄 作:北村想

遠大なる妄想 作:N村さん(参加者)

令嬢ジュリー 作:アウグスト・ストリンドベルイ

山田 太一作の「真夜中の匂い」は1980年代に放映されたテレビドラマです。
その脚本から5ページ程度を抜粋して読みました。

セリフを一部伏せて、その部分を読み手の人に即興で考えて読んでもらいました。
面白いアイデアが多数生まれ、読まれた役者の方々のセンス、頭の回転の速さに驚きです。

二作目は、お馴染み北村さんの作品。その冒頭部分の約10ページを読みました。
いつもながら北村さんって冒頭部分だけ読んでも、ト書きだけでもおもしろいなぁと感心しました。
この日読んだ本で唯一オリジナル作品だったのがN村さんが書かれた「遠大なる妄想」です。

持ち前のパワフルな妄想力を駆使された作品づくり、N村さんの持ち味ですが今回も健在でした。
男女が出会い、回りくどさゼロの急転回で一枚完結という実にいさぎよい作品でした。

参加者によるオリジナル作品というのは、書き手に直接作者の意図や詳しい背景などを聞けて、既成の本よりそれぞれの役に近づける気がしますし、オリジナル作品は貴重だなと思います。


令嬢ジュリーも抜粋なので雰囲気しかわかりませんが、作者のアウグスト・ストリンドベルイという人は、イプセンやチェーホフと同じく世界的に有名なスウェーデンの作家らしいですね。


さて次回は5月29日火曜日です。

初めての方も久しぶりの方もどうぞお気軽にご参加くださいませ。
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。