戯曲を読む会
戯曲を読む会のお知らせや近況報告のためのブログです。2013年9月で活動を休止しています。
201303<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201305
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月の戯曲を読む会終了!
どうも、元、主宰で現在育休中の青木です。
4/3に4月の戯曲を読む会がありました。
参加者は総勢12名、初参加の人1名、お久しぶりの方も。
目黒川の桜が、意外にまだもっていてびっくり。

その初参加の若者が、なんと東大生だというからびっくり。
びっくり続き。
東大といえば、常連さんだったTさんが東大卒でしたが、今度は現役生。
いやー、あたし初めて見たかも「生の東大生」。

それはさておき、今回はNくんの初めて書いたオリジナル戯曲と、N村さんの漫才シナリオ、そして主宰代行をやってくれているソンブレロさんが持ってきてくれたコントをみんなでワキアイアイと読みました。

男女の比率も半々くらいで、ちょうど良かったように思います。
私個人の感想としては、育休中で演劇休んでいて、この月に1度の読む会だけをリハビリのように参加している現状で、「うーむ、やっぱり声に出して読む感覚が鈍ってきているなぁ」と思いました。
いつも鈍いじゃないかって?それは言わないお約束。
なんとういか、以前のように「どうやったら皆で面白く読めるかな」という思考回路が鈍い。
切り替えが遅いなぁ、困ったもんです。

それと、以前は苦手としてた年増な女性のセリフが加齢とともに読みやすくなってきたなぁと感じました。
まぁ、歳をとったっつーことですな。
だって戯曲を読む会出来てから10年近くたってますからね。

おおっと、個人的な感想ばかりになってしまいました、スミマセン。

悔しかったのは会の後の吞み会に参加できなかったこと。
まー、息子を実家の母に預けての参加でしたからしゃーないのですが。
あー、もっと皆とおしゃべりしたかったよーーう。
来月も参加出来たら良いなぁと、心の底から思うわけです。

皆様、次回もお待ちしています。
初参加の方も、気負わず気楽にどうぞ、お越しください。
皆いい人ばかりだから、きっと気に入りますよ。
劇団でもないし、毎回顔ぶれが違うし、なんのしがらみもない、これがこの会の良い所。
つくづく。

それとね、普段、口角下がりっぱなしの生活をしているわたしとしては、戯曲を読む会行くと、自然と口角上がっているからね、美容にもいいかも、とか思っちゃうわけですよ。
たまには口角上げて行かないとね!
おっと、脱線、脱線。
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。